太陽光発電の設置

太陽光発電システムの設置を検討する際には、
「初期投資した費用を回収出来るのか」
ということが非常に気になるのではないでしょうか。



数百万円もかけて太陽光発電システムを
設置するのですから、当然に元手を
回収出来るのかといった事は気になるのでしょう。



しかし考えてみると、例えば100万円かけて
100万円以上を回収しようとする考え方は
間違っていると個人的には思います。



あなたがメリットを感じて設置するのであれば、
初期投資額は気にせずに、
オマケとして収入がある程度の考え方でも
いいのではないでしょうか。



結果的に初期投資額の元が取れるかどうかと言えば、
結論からいうと元は取れるでしょう。



費用対効果や損益分岐点の計算をしてみると分かりますが、
約20年以上はかかります。



また太陽光発電の耐用年数が20年です。



それからすると「メリットが無い」と感じるかもしれません。



しかし電気代はあなたが住宅に住んでいる限りは
必ず発生するものですし、あなたが万が一無くなっても、
ご家族やご子息はその後も電気代は軽減出来ます。



また耐用年数の20年も設置する環境や条件にもよりますし、
30年以上は順調に作動するとも言われています。



地球や家族の将来を考えて太陽光発電を検討する事も
非常にメリットのある事なのかもしれません。


スポンサード リンク

住宅の省エネ基準といえば断熱性がメインですが、
現在の基準では断熱性能に加え、
様々な設備機器の性能までが評価の対象となっています。