太陽光発電での住宅のメリット

太陽光発電での住宅も徐々に浸透しており、
需要が高まってきています。



それには太陽光発電のメリットが当然にあり、
デメリットよりもメリットの方が良いと
判断されたからだと思います。



近年では、世界規模で地球温暖化・オゾン層破壊
・熱帯雨林の減少や地球エネルギー資源の不足などの
環境問題が深刻化してきました。



私たちの日本では、それと逆行しているのか、
消費電力が上昇し続けており、
電力ピーク時の電力不足問題により
新たに発電設備が増設されてきました。



多くは火力発電を使用したり、
原子力発電を行ったりと
CO2の排出量は減少されておらず、
逆に環境破壊が深刻化していると
いった事も懸念されました。



これらの問題を回避するために、
太陽光発電などのクリーンエネルギーの
導入が必要とされており、
環境にやさしい発電設備の使用が求められているのです。



太陽光発電のメリットは環境に対してだけではなく、
個人単位で見た時には、毎月の電気代が安くなる、
余った電気を売ることが出来るといった事でしょう。



太陽光発電システムで発電した電気は、
そのまま家庭用として使うことが出来ますので、
その分電気代はタダとなり、当然電気代は安くなります。



また、昼間の太陽が照っている時などは
電気の発電量も多く、使用電力よりも発電量が多ければ、
余った電気を電力会社に売ることが出来るのです。



逆に夜間に関しては、
電力会社から電気を買うことになりますが、

昼間に売電した電気量の方が多ければ、
その差額があなたの収入となるのです。


スポンサード リンク

住宅の省エネ基準といえば断熱性がメインですが、
現在の基準では断熱性能に加え、
様々な設備機器の性能までが評価の対象となっています。