省エネ住宅での家電製品

省エネ住宅での家電製品の使用は、
省エネ生活を始めるためには
必要不可欠なものであると言えます。



エアコンの消費電力の高さは皆さんも
ご存知の通りなのですが、
一般家庭における電気消費量全体の
5〜7割を占めており、

エアコンのエネルギー消費をいかに
抑えるかが重要となってくるのです。



梅雨から夏にかけては湿度が上がりますので、
快適な生活を送るためには、
どうしてもエアコンを利用する機会が多くなります。



もちろんエアコンを使わない事が
何よりの省エネなのでしょうが、
現実には天候によって
エアコンが必要な日も少なくありません。



ですので省エネに優れたエアコンを選び、
省エネ対策を行う事が重要ですが、

エアコンはさまざまなメーカーの製品が販売されており、
その機能や性能も実に多様なので、
いざ購入しようにもかなり迷ってしまいます。



エアコンを選ぶ時には、
まず最初に省エネラベルを確認してください。



このラベルには省エネ性マークと省エネ基準達成率、
エネルギー消費効率、そして基準達成目標年度という
4つの情報が書かれており、

エアコンだけでなく、消費電力の多いとされる
家電製品につけられています。



メーカーや機種を比較検討する前には
ぜひ参考にしてください。



できるだけ地球環境への負荷が少ない製品を
選ぶことが大切です。


スポンサード リンク

住宅の省エネ基準といえば断熱性がメインですが、
現在の基準では断熱性能に加え、
様々な設備機器の性能までが評価の対象となっています。