省エネ住宅とは

省エネ住宅とは、断熱性や気密性をはじめ、
防露、夏の日射遮蔽、換気を充実させている
次世代省エネルギー基準を満している住宅をいいます。



省エネルギー基準は、住宅に高い「省エネルギー性」を
もたらす為の基準なのですが、
同時に快適さや耐久性をも兼ねることで
より一層の優れた住宅効果が期待出来ます。



省エネ住宅は地球温暖化防止を目的として、
エネルギー消費量を少なくするように
国土交通省(旧建設省)から制定された
基準を元に決められます。



省エネ基準(次世代省エネルギー基準)に適合する
住宅環境を一定に保ちながら、
使用するエネルギー量を少なく出来る住宅が
省エネルギー住宅と言えるのです。



また従来よりも少ないエネルギーで
快適性が高まるだけでなく、
温度ストレスの軽減、カビ・ダニ・化学物質に起因する
健康被害を軽減したり、

結露による構造部材の劣化を防ぐ事が出来すので、
健康的で長持ちする住まいづくりが実現出来るのです。



あなたも省エネ住宅の知識を取り入れ、
快適な住環境を整えましょう。


スポンサード リンク

省エネ住宅の基準

省エネ住宅の基準は、
次世代省エネルギー基準として
旧建設省により改正された、
日本の断熱化基準の事を言います。



私たち日本は、先進国の中でも
最低の住宅断熱基準であり、

基準が制定されて実施された今でも、
やっと欧米基準の最低レベルに
達する位のレベルなのです。



しかもこれらの基準値も
世界では鼻で笑われる程の低いレベルであり、

法的な拘束力も無い実施の為に、
世界では失笑されているのが現状です。



省エネ住宅の基準の1つに住宅の断熱性がありますが、
省エネ住宅を考えるには、
まずこの断熱性をメインに考える事になるでしょう。



住宅を効果的に断熱することにより、
冬は部屋の暖かい空気を逃がさず、

夏は外気の暑さを遮断する事で
エアコンによる消費エネルギーを軽減することが出来ます。



次世代省エネルギー基準は、
「快適で健康的な住まいを維持する」ことと、
「エネルギーの使用を極限まで削減する」という
2つをテーマがあるのですが、

高レベルの省エネ基準を採用した住宅は、
外気温の変化を受けにくいという特徴があるのです。


スポンサード リンク

住宅の省エネ基準といえば断熱性がメインですが、
現在の基準では断熱性能に加え、
様々な設備機器の性能までが評価の対象となっています。